Thunderbirdの使い方 of バックアップ

mozilla thunderbirdのバックアップ場所の紹介

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



Thunderbird(サンダーバード)の使い方

Thunderbirdの使い方のHOME > バックアップ


あとで読む

Thunderbirdをバックアップしよう

万が一のことを考え Thunderbird のメールをバックアップしておきましょう。
HDDごとバックアップしてもいいのですが、メール内容だけバックアップしておきたい場合があります。

メールソフトを再インストールしたい場合・アドオンをインストールする前等があるかと思います。

詳細は
http://www.mozilla-japan.org/support/thunderbird/profile
で紹介されてます。

慣れてない人だと、ちょっとわかりにくいかな(汗

ファイルの場所

Windows XP/2000 の場合、パスは通常、
%AppData%\Thunderbird\Profiles\xxxxxxxx.default\
xxxxxxxx はランダムな文字列を表します。
C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Application Data\Thunderbird\Profiles\ まで移動すれば、あとは簡単です。

って書いてるけどさっぱりわからんと思う。


backup02.jpg
Thunderbirdを起動し、アカウント設定の「サーバー設定」の下の方にメッセージの保存先ってところがあります。
ここを参考にすれば、ファイルの場所が分かりやすいかと思います。
このファイルが入っているところかな?

Windows Vista Ultimateの場合ですが、私のパソコンだと

C:\Users\★★★★\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\drcr4bjm.default\Mail\☆☆☆☆

ってなってます。なので

C:\Users\★★★★\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles
のフォルダごとDVD・別HDDなどにコピーしてバックアップします。

無難なのは別のハードディスクにバックアップ

Thunderbirdをバックアップをするのは良いのですが、同じハードディスク内にバックアップするのはお勧めしません。
別のハードディスクにしましょう。

パソコンが壊れたら、同じHDD内ではデータが復旧できません。

オンラインストレージを活用すべし

SugarSync(シュガーシンク)


書籍も販売されているぐらいメジャーなオンラインストレージです。

日本語版もあるし、同期フォルダを選ぶことができるので使い方さえわかれば便利!
上で紹介したフォルダを自動同期するように設定します。
現在無料で5GB使えます。
友人を紹介すればさらに容量UP!

シュガーシンクに登録しました。
その後、ファイルマネージャーをインストールしました。
同期(バックアップ)するフォルダを設定するのです。


SugarSync ファイルマネージャー
SugarSync ファイルマネージャーを開きます。
同期フォルダの管理をクリック

フォルダの追加
フォルダの追加をクリック


Thunderbirdのデータの場所
Thunderbirdのデータの場所を選んでチェックを入れます。

OKをクリックしましょう。
間違ってキャンセルを押すと反映されないので注意しましょうw

後は、自動的にバックアップされます。
パソコンが壊れてもデータはSugarSync(シュガーシンク)に残っています。

複数のパソコンで活用したいときにも活用できそうですが、保証はしていないようです。

  • ドロップボックス
    • 英語版だけど、ネット上に保存してくれる無料サービスがあります。


ドロップボックスの書籍もあるぐらいメジャーです。
直感的に活用できるのが嬉しい。

パソコンが壊れてもデータがネット上のサーバーに残っているのです!

2GBまで無料で活用できます。
仕事で活用していない人は2GBもあれば十分って人も多いでしょうね。

ドロップボックスの説明はこちらにあります

ドロップボックスのサイトはこちらです




あわせて読みたい

あとで読む   Clip to Evernote  Check 





ブックマークに追加する

▲ ページトップへ

使えるExchange

併せて読んでほしいThunderbirdの記事






1分間簡易アンケートに協力お願いしますm(__)m





AmazonでMozilla Thunderbird関連本を探す

ページの先頭へ

使えるクラウドバックアップ

メニュー